コラム 麓幸子の「地方を変える女性に会いに行く!」

(写真:大槻純一) 新・公民連携最前線/日経BP総合研究所 コラム 麓幸子の「地方を変える女性に会いに行く!」 「農家の母さんだからできることがある」その志が年商2億円の事業へと発展 Vol.08 石垣一子さん(陽気な母さんの店代表取締役社長) 聞き手:麓幸子=日経BPヒット総合研究所長・執行役員 取材・文:熊谷渓子=石山デザイン事務所... 続きを読む

2月 Tree of Candy

2月 Tree of Candy – Odate Amekko-ichi 大館アメッコ市の時期になると 市内はアメのなる木でにぎやかになる。 赤いミズキの木にビンクのアメが モノクロの冬の街並みを彩る。 まだまだ冬は続くことを知りながら 春を待ちわびる気配がはじまる。... 続きを読む

十和田湖西湖畔 樹木マップ

青と緑に包まれながら 非日常が享受できる ささやかな西湖畔時間 みんなでつくりました この樹木マップは、県・景観マネージャーや小坂町に暮らす方々が、3班に分かれて湖畔歩きを行い、参加者が気になる視点を持ち寄りながら、ワークショップ でまとめたものを参考にしております。湖畔歩きやとりまとめでは、小坂町役場や小坂まちづくり株式会社の方々に“西湖畔の先生”となっていただき、湖の成り立ち、景観、建築物、樹木、山野草、グリーンタフ等の説明をいただきました。 十和田ホテル 十和田プリンスホテル 鉛山桟橋 大川岱桟橋 グリーンタフ... 続きを読む

大館 えだまめ 豆知識

大館 えだまめ 豆知識 ODATE EDAMAME MAME CHISHIKI 大館市えだまめ産地育成研究会 サイズ:A5 20ページ(中綴じ) フルカラー デザイン:石山デザイン事務所 ディレクション・デザイン/石山拓真 編集・ライティング/熊谷渓子 はじめに/知られざるえだまめのパワー データでみるえだまめ/JAあきた北 農産物流通加工センター えだまめの種類/おいしいえだまめの見分け方 えだまめの茹で方 えだまめレシピ えだまめスイーツ&餃子 えだまめなひと/えだまめの広報 えだまめマップ えだまめのまち大館... 続きを読む

本場大館きりたんぽ検定 マイたんぽスティック(丸)

  大館曲げわっぱに使用している貴重な天然秋田杉の 「マイたんぽスティック(丸)」(オリジナルデザイン・焼印入り)形状:丸 ホットプレートなどご家庭でも使用可能な小さめサイズ(24cm) 本場大館きりたんぽまつりの記念として、検定で得た知識を使いながら、 自宅で気軽に新米きりたんぽを楽しむことができるセットです。 http://kiritanpo-kentei.com/portfolio/mytanpostick/ デザイン:石山デザイン事務所 本場大館きりたんぽまつり(10/8-10/10)の会場で... 続きを読む

エネかん「新エネルギー講座」チラシ

PDFはこちら 第3回鹿角市新エネルギー講座 「森と山とエネルギー」 森と山にあるエネルギーを学ぶ夏休み特別企画! 主催:鹿角市 実施団体:鹿角のエネルギーを考える会 共催:NPO法人かづのふるさと学舎 後援:秋田県 チラシデザイン:石山デザイン事務所... 続きを読む

エネかん「新エネルギー講座」ポスター

PDFはこちら 第2回鹿角市新エネルギー講座 「森と山とエネルギー」 講演会「ローカルで今やるべきこと かけ算(×)が生む新しいチャレンジ」 講師:岡山県西粟倉村から村落エナジー株式会社の井筒耕平 氏 主催:鹿角市 実施団体:鹿角のエネルギーを考える会 共催:NPO法人かづのふるさと学舎 後援:秋田県 ポスターデザイン:石山デザイン事務所... 続きを読む

7月 ハイドランジアの華麗なたくましさ

近所の散歩道に水色からピンクへと様々表情を見せる紫陽花がある。 「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が語源といわれ 英名のハイドランジア(Hydrangea)は、ギリシア語の「水の器」を意味する。 紫陽花は「移り気」などすこしネガティブな花言葉を思い出すが 土壌などの環境や時間の経過で変化するその華麗な姿は... 続きを読む

6月 田植えが終わり、またはじまる。

6月 田植えが終わり、またはじまる。 秋田では雪のある季節と稲のある季節がほぼ半分ずつあるように思う。 農家ではないが、日常の風景の中に田んぼがある。 秋は稲刈りが終わり雪が降るまでの間、 春は田植えが終わるまではなにかソワソワする。... 続きを読む